乳酸菌を摂取して強いお腹GET【お腹を救う小さなヒーロー】

薬

ビフィズス菌との違い

女性

乳酸菌を身体に摂り入れることで、腸内環境を整え健康に生活をすることが出来ます。また、乳酸菌の他にもビフィズス菌と呼ばれる菌も同じく腸内環境を整えてくれます。しかし、細かな違いがあるので、全てが一緒というわけではありません。例えば、乳酸菌は乳酸を作り出す菌ですが、ビフィズス菌は乳酸と酢酸の両方の成分と持ち合わせています。他にも、乳酸菌は人の腸や動物の腸で活動していて、多くの発酵食品にも含まれています。しかし、ビフィズス菌は人や動物の腸に生息していますが、発酵食品には含まれていません。このように、同じ腸内環境を整える菌ですが、違いがあります。また、これらの菌を総括して善玉菌とも呼びます。

善玉菌は人に良い影響を与えてくれる菌となっていて、腸の老化を促進させる悪玉菌を退治してくれる菌となっています。悪玉菌と呼ばれる大腸菌やブドウ球菌は、身体の腸内環境を悪化させます。善玉菌とは逆に便秘や下痢を引き起こす原因となるので厄介な存在です。しかし、善玉菌が退治してくれるので安心です。また、善玉菌に含まれる酢酸は病原菌O-157を防ぐ効果も発見されたため、注目を集めています。このように、善玉菌はとてもいい効果を与えてくれるので、毎日摂取したいものです。しかし、乳製品を毎日摂ることが難しい方がいますが、善玉菌は乳製品以外にも含まれているのです。それが植物性乳酸菌と呼ばれるものです。植物性のものは栄養が少なくても腸内で生きていけるので、最近では注目を集めているものとなります。